スポンサーリンク

ついに100円バスも。。西鉄150円バスに。西鉄バスと地下鉄空港線を比較

スポンサーリンク
福岡の話題

皆様、こんばんわ!!DOです。

今回は7月1日より100円バスが値上げになった事について書きたいと思います。

福岡県民は誰もが一度は乗った事があるであろう100円バスが7月より150円に。。。

これは非常に痛い。。。

過去の100円バスの歴史を含めて書きたいと思ってますので良かったら最後までご覧ください。

それでは宜しくお願い致します。

 



 

7月1日より変更となる西鉄バスのサービス(主なもの)
種類 サービス 変更内容
割引運賃 100円運賃 値上げ(100円→150円)
定期券 福岡都心100円エリアフリー定期券 販売終了

※2021年6月30日(水)をもって終了

定期券 ひるパスロング 販売終了

※2021年6月30日(水)をもって終了

定期券 ひるパス・ひるパスロング ポイントサービス終了

※2021年6月30日(水)をもって終了

100円バスが150円バスに値上げ。

併せてエリアフリー定期券もなくなるのも痛い。。。

 

 

新たなサービスも。。。。イマイチか、、、

(新たなサービス)

おとなりポイント ※2021年7月サービス開始(試行)

試行期間は2021年7月1日(木)~2022年3月31日(木)で近距離利用のお客さまへの新たなサービスとして、福岡都心フリーエリア内で1バス停間のバス利用に対して
nimocaポイント50ポイントを後日付与するサービス。

こちらの西鉄のサイトにおとなりポイントをご覧になって頂ければ詳しい内容が載っていますが

基本的に次のバス停までしか対象にならないので正直メリットはないと思われます。

西鉄のお得なチケットに関しては以前当ブログで書いてますので良かったらご覧ください。nimoca(ニモカ)乗車ポイント廃止へ お得なチケットはないのか?

 

比較;「西鉄VS地下鉄空港線 天神~博多間」

天神から博多を移動する際の金額を調べてみました。

地下鉄空港線 天神~博多 210円

西鉄バス   天神~博多 150円

これだけ見ると150円に値上げしたとは言え、まだバスを利用した方が安いですけどね。。。

ちなみに中洲川端~天神、中洲川端~博多でも同じ結果です。

 

 

西鉄バス100円バスの歴史

西鉄バスの100円バスの歴史を調べてみました。

1999年7月1日より9ヶ月間試験導入した「100円循環バス」と「福岡都心100円エリア」が始まり。

これは福博都心約1.5km四方のエリア全域において運賃を100円とし、併せてエリア内を循環する「100円循環バス」を運行。

当時は結果として福岡市営地下鉄・マイカーからの転移もあって乗客数が前年比173.9 %を記録した為、2000年4月1日からエリア拡大・100円エリア定期券新設のうえで本格実施に移行しました。

その後、福岡市内および近郊の主要駅・北九州市内主要駅・西鉄久留米駅から1km以内のエリアでも「駅から100円・駅まで100円バス」と呼ばれる100円運賃を実施したほか、小倉都心にも100円バスを運行開始しました。

 

 

本日のまとめ

今回は西鉄バスの100円バスについて書きました。

100円バスが導入された当初は私は学生だったので博多~天神間は、この100円バスをよく利用してました。

今でも時間に余裕がある時は100円バスを利用していたのですが、今回の値上げは非常に残念です。

ただ値上げしたとしても、まだ地下鉄料金に比べれば安いので今後も時間に余裕があれば150円バスを利用すると思いますが、100円バスが難しいならば、何か別のサービスを提供して欲しいというのが個人的な思いです。

本日は以上となります。最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました。

次回もお楽しみに!!

 

本業以外で少しでもお金を増やしたい方や専業主婦の方是非、空いた時間の有効活用としてクラウドワークスで簡単な仕事でお金稼ぎをしては如何でしょうか?

概要覧は下記のバーナーからご覧ください。

クラウドワークスに関しては以前、当ブログにて書いてますので良かったらそちらもご覧ください。                                     ネットで気軽に副業をしたい方必読!!クラウドワークスのご紹介
皆様の応援がブログ更新の励みになりますので
是非ともポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました